pmnh wildlife portrait archive : insects

オオウスベニトガリメイガ - a Pyralid Moth - Endotricha icelusalis

1607oousubenitogarimg6021_w
ちょっと前の蛾の画像ファイルから。ちゃちというと失礼ながら、なんかちょっとヨレヨレしてバランスの悪い蛾だが、意外と顔はこわい。

view photo...

マツキリガ - Japanese Pine Beauty - Panolis japonica

1805matsukiriga1139_w
あっという間に春が来て、鳥が来て、花が咲いて、とうとう大きな蛾も出だした。心中ちょっと待て、ちょっと待て、と嘆いても、焦っても、置いていかれるばかり。

view photo...

イシダシャチホコ - a Prominent Moth - Peridea graeseri

1608ishidashchk7794_w
小屋の辺では夏に出てくる。ありそうで、案外ない、ちょっとお洒落な、というか、趣味の良い紋様の中くらいの蛾だ。出てくると少しうれしい。

view photo...

フタホシコヤガ - A Noctuid Moth - Micardia pulchra

1706futaboshikoyaga4427a_w
クロツグミの営巣が一段落し、営巣を邪魔する心配がなくなったので、富士山の山開きみたいに、夜の蛾の観察を解禁した。というわけで色々あたらしい機材や技術を試す。


view photo...

ヒメモクメヨトウ - Purple Cloud - Actinotia polyodon

1608himemokumeyoto01_w
数は多くないけれど、夏になると時々出てくる中くらいの蛾で、ざっくり言えば柄がちょっと独特できれい。


view photo...

ハガタベニコケガ- a Footman Moth - Barsine aberrans

1607hagatabenikkg1236b_w
コケガは都会にも近縁種がいて、その近縁種が東南アジアにもいたりして、わりと身近で美しい小品、といった趣がある蛾だ。


view photo...

シロスジキノコヨトウ - Stenoloba jankowskii - a Noctuid Moth (a Beauty)

1607shirosujikinokoyoto6_w
あまり人聞きが良くないから大声では言わないが、今の僕の山の夏の夜の愉しみは、何と言っても蛾の鱗粉観察だ。


view photo...

クロホウジャク - a Hummingbird Hawkmoth - Macroglossum saga

1606kurohojaku106_w
ホウジャクというのは蜂雀でスズメガの仲間だ。この辺でも、水辺の花が集まったところなどに現れて、ブンブンと蜜を吸っているところを見かける。


view photo...

イボタガその2 - Japanese Owl Moth #2 - Brahmaea japonica

1605ibotaga4959_w
というわけで、アイドルであるイボタガの二回目、ちょっとだけ引いてみました篇。前回書いた通り「他の追随を全く許さない、孤高のグラフィック。」

view photo...

イボタガその1 - Japanese Owl Moth #1 - Brahmaea japonica

1605ibotaga4966_w
他の追随を全く許さない、孤高のグラフィック。日本でも台湾でも、この蛾はまぁある種の僕のアイドルであったから、春になると小屋にもイボタガがやって来ることが判ったときは、ずいぶんと嬉しかった。もちろん、いまでも嬉しい。

view photo...

スギタニキリガ - Perigrapha hoenei - a Noctuid moth

1604sugitanikiriga01_w
まだまだだけれど、ぽつ、ぽつ、と中型の蛾が出てきた。これでエゾヨツメやイボタガが出てくれば、いよいよ虫のシーズンも始まり。

view photo...

ツガカレハ - A Lappet Moth - Dendrolimus superans

1408tsugakrh01_w
巨大とは言えないが、大きめ。決して派手な蛾ではないのだけど、色といい、質感といい、重厚で実直そうな佇まいだ。重鎮、という描写が似合う。

view photo...

ヨツスジヒメシンクイ - a Tortricid Moth - Grapholita delineana

1408yotsusujihmshnkui01_w
客人をつれて山の高原を案内していた時、ふと目を落とすと、へんなのがいたのだった。

view photo...

クシヒゲシマメイガ - a snout moth - Sybrida approximans

1408kushihigeshimameiga01_w
ビジュアルという点で言えば昆虫では蛾ほど面白いものはないが、この蛾もなかなかにすごい。


view photo...

ハガタエグリシャチホコ - a Prominent - Hagapteryx admirabilis

1408hagataegurischk02_w
赤くてもう何が何だかわからないルックスもすごいが、名前も十分すごい。



view photo...

アヤトガリバ - Buff Arches - Habrosyne pyritoides derasoides

1206ayatogariba01_w
2012年6月。このときはたくさん蛾をみたが、その中で異彩を放っていた一頭。


view photo...

ウスイロギンモンシャチホコ - a Prominent - Spatalia doerriesi

1306usuiroginmonshchhk01_w
もう季節的に刮目するような虫はなかなか出ないので、蔵出しシリーズその一、今年の梅雨時に見たシャチホコガ。


view photo...

ヒメヤママユ - A Silkworm Moth - Saturnia jonasii

1309himeymmy25_w
同工異曲ではあるが、季節のものなので、もう一つ行ってしまえ。



view photo...

クスサンその2 - Japanese Giant Silkworm #2 - Caligula japonica

1309kususan25_w
同じ種ばかりより、できれば新種がよいので今回はヒメヤママユ、と決めていたのだが、変心して二度目のクスサンにした。ローマ皇帝の名前を戴くだけあって、この季節の山では王様の風格がある。

view photo...

チャマダラエダシャク - a Geometrid Moth - Amblychia insueta

1309chmadaraedshk25_w
八ヶ岳(というか日本の山)で蛾の番付を作るなら、イボタガは見たことないから休場中として(笑)、横綱がヤママユ、スズメガは大関、関脇にシタバガとトモエくらいかな、とか前にも書いたことがあるが、名門シャクガ部屋にも大物がいた。

view photo...

エゾスズメその2 - "ezo suzume" Hawk Moth #2 - Phyllosphingia dissimilis

1306ezosuzume25_w
前回に続いてエゾスズメ。というか、今回また趣向の違った写真が撮れたので、ついでに掲載するもの。あわせてご覧下さい。


view photo...

エゾスズメ - "ezo suzume" Hawk Moth - Phyllosphingia dissimilis

1305ezoszm25_w
クスサンに別れを告げてから半年余。さぁ、そういうわけで、蛾の季節の開幕。スポットライトの当たりづらいもの、という気はないでもないのだが、どうしてもフォトジェニックな大物から撮影してしまう。


view photo...

ベニシタバ - An Underwing - Catocala electa

1209benishitaba25_w
八ケ岳山麓の蛾で、横綱がヤママユ、大関がスズメガだとすれば、関脇はシタバガ。いろいろ出てくるが、今回は赤い奴。


view photo...

クスサン - Japanese Giant Silkworm - Caligula japonica

1209kususan25_w
旅行記のところで、大物だとか、本物の蛾だとか、クスサンをだいぶ持ち上げたので、そのフォローがてら、クスサンの写真を掲載しておくことにする。



view photo...

ゴマフエダシャクのなかま - Obeidia lucifera - A Geometrid Moth

0806obeidialucifera005_w
うわぁ、と思わず口に出た華麗なシャクガ。写真だとチープな感じが目立つが、人工照明の下にキラキラと輝いて、lucifer という名前に恥じない立派な蛾だった。


view photo...

ベニスズメ - Elephant Hawk Moth - Deilephila elpenor

0805beniszm004_w
鳥もその他も赤、赤、と来たので、予定を変更して虫も赤でいくことにした。スズメガの配色、紋様もさまざまなものがいて全く面白いのだが、これは文字通り紅一点、日本ではひとりわが道を行くベニスズメ。

view photo...

オオミズアオ - Japanese Moon Moth - Actias artemis

町を歩いていたら、クリスマスの電飾がついていたので、また、当博物館的にはクリスマスっぽい画像を一つ。と言っても世間的にはクリスマスとはほど遠い画像かも知れないと思うけれども。

view photo...

ヒメシャクのなかま - Anisodes sp.

蛾には驚かされることが多いけれど、意表をつかれたという点では最近の最高峰はこれ。ランチョンミートというか、沖縄でいうポークみたいな色と形をして、のっぺりと葉に張り付いていた。一体なにがどうすると、こういうことになるのだろう?


view photo...

ハネナガブドウスズメ - a Hawk Moth - Acomeryx naga

あちこちでスズメガを見たが、個人的に一番好きなのは、このハネナガブドウスズメ。大胆にして精緻なモノトーンの柄がすばらしい。もっと派手な柄のスズメガがバタバタと騒いでいるところから少し離れて、この蛾がしずかに止まっているのを見るとほれぼれしてしまう。


view photo...

ヒメトラガ - Asteropetes noctuina - A Noctuid Moth

トラガの仲間だけあって、蛾にしておくのが惜しいほどの派手な彩りだ。前後翅の裏面と後翅表面が山吹色に黒斑、前翅表面が赤銅色・黒・銀灰色をベースにふさふさとした毛をあしらった、山地民族の礼服のような、何とも言えぬお洒落ないでたちであった。山吹色の出し入れにこだわりがあるようで、写真のようにパタパタと蝶の如く着地した後、しばらくして落ち着くと、一気にぴしっと翅を閉じて礼服姿になるのが面白い。本当に、ぴしっ!と閉じるのである。 view photo...

クロテンケンモンスズメ - Kentrochrysalis consimilis

いろんな生き物とお近づきになりたいと願っているが、正直なところ、まだ蛾というのがどういう連中なのか全然わかっていない。当然、近所の猫のように、おす!と言えばにゃあ!と返事をするような境地に至るまではまだまだ時間がかかりそうである。

view photo...

カクモンキシタバ - "Kakumon Kishitaba" Noctuid Moth - Chrysorithrum amatum

あんまり、上の方に止まってこちらを見下ろしてもらいたくない感じである。


view photo...

ウンモンスズメ - Callambulyx tatarinovii - "Unmon Suzume" Hawk Moth

蛾の中でも器量がよいもの、というとリストにあがってきそうな蛾。ちょうど満月が出ていたりするとうっとりするほど美しい。月夜に緑の蛾、よい感じである。

view photo...

ノンネマイマイ - Black Arches - Lymantria monacha

先に逝った友に、と思って探したがぴったりしたのがない。こんなので我慢してくれ。俺も足を舐めてやればよかったな。>S東

山羊の生贄のような首筋のフサフサを含めて容姿にも隙がないが、それよりノンネマイマイというおよそ蛾離れ、いや虫離れした名前が気になる。 view photo...
[Sleeker_special_clear]