pmnh wildlife portrait archive : other life forms

ノボリリュウ - White Saddle - Helvella crispa

1809noboriryutake2278_w
キノコは突然出てくるし、色や形に変化のあるものが多くて、人の目で見ると、なかなかにインパクトのあるものだ。

もちろん、シイタケみたいな色形、エノキダケみたいな色形のものが多いのだけれど、時々、なんか変なのがいる。ノボリリュウタケというのも昨年初めて見た。何がどうなったのかわからないけど、うーむそう来たか、という、まぁそういう感じのフォルムと質感であった。相撲取りみたいな和名がつけられているが、分布域が広くて、ユーラシア大陸から北米まで出るらしい。

1809noboriryutake2289
1809noboriryutake2287
1809noboriryutake2269
1809noboriryutake2278
1809noboriryutake2297

↑最後の奴なんかはまだかわいい。


[写真撮影 : 09/2018 - 長野県 - 傘の径約2-5cm - 個人的博物館の菌類のページへ]
[photo data : 09/2018 - Nagano, Japan - about 2cm-5cm dia. (umbrella) - go to "fungi" in the main site]
[Sleeker_special_clear]