pmnh wildlife portrait archive : insects

チャイロスズメバチ - Brown Hornet - Vespa dybowskii

1505chairoszmbc25_w
小屋の外壁、軒下はスズメバチやアシナガバチが大好きで、昨年は軒下だけでコガタキイロスズメメバチの大きな巣がひとつ、アシナガバチの小さな巣が七つもぶらさがった。

view photo...

キオビツヤハナバチ - A Small Carpenter Bee - Ceratina flavipes

0806kiobitsuyahnbc25_w
久しぶりにハナバチ、アジサイの花の上で。季節感はまるでないが、まぁ今はなかなか虫の見られない季節なのでやむなしとする。

view photo...

シダクロスズメバチ - a Hornet - Vespula shidai

1311vespa26_w
秋が深まってきて、懐かしい日向で林檎などを剝いて食べていると、これがふいとやってきて、林檎の皮につく。もう冬も近いし、お互い余計なことをする気もないから、奴は林檎の皮をかじり、僕はぼっとそれを見ている。風が吹いて、そうこうしているうちにまた秋が深まっていく気がする。

view photo...

クマバチ - Japanese Carpenter Bee - Xylocopa appendiculata

1204kumabachi26_w
春になって、山の明るい斜面でクマバチがホバリングしているのを見るのはたのしい。そのとき背中の木の高いところでメジロが懸命に囀っていたら、かなり幸せ。

view photo...

セナガアナバチ - A Cockroach Wasp - Ampulex dissector

0806senagaanabc26_w
ナショナルジオグラフィックのニュースを読んでいたら、エメラルドゴキブリバチの幼虫が自分で抗菌物質を生成して宿主のゴキブリを消毒しているという話が出ていた。写真を見ると、セナガアナバチそのものなので調べると同属の近縁種のようだ。


view photo...

スズバチ - Oreumenes decoratus - A Potter Wasp

家の近所にマサキの木があって、この季節は蜂で賑わう。よく見ると蜂に擬態した双翅類もいて見飽きない。どういうわけか、ずんどうのがっしりしたハチよりも、ウエストのくびれた、スレンダーなハチに惹かれる。ヒメバチもいいけれど、やはりドロバチ。それも、大型のスズバチはちょっと特別な存在だ。 view photo...

エゾオナガバチ - Megarhyssa jezoensis - An Ichneumon Wasp

入念な探索を終え、黄色と黒の竹のような身をしならせたオナガバチが尾を天空にかざすと、尾の末端が割けて、神父の捧げる聖体にも似た白い月がにゅっと現れた。殺戮と生殖が同時に進行する秘儀にふさわしい光景だった。

view photo...

キマダラハナバチのなかま - Nomada sp.

ハナアブやニッポンヒゲナガハナバチがぶんぶんと飛び交うその下、薮の中ではキマダラハナバチが静かに移動している。緑を反射するスレートブルーの複眼がいかにも専門職を思わせて好ましい。同じ寄生蜂でも、ヒメバチと違って物静かな印象を受けるハチである。

view photo...

ニッポンヒゲナガハナバチ - Tetralonia nipponensis

今の季節、裏の公園では一番目立つニッポンヒゲナガハナバチ。ヒゲも確かに長いのだけれど、長いのはヒゲだけではないのであった。

view photo...

コアシナガバチ - "Ko Ashinagabachi" Paper Wasp - Polistes snelleni

雨が降り何日か寒い日が続いたあと、散歩に出ると蜂の顔ぶれが一新されていた。スズメバチ、アシナガバチが出そろっており、よく見るとツチスガリ、セイボウ、コンボウヤセバチなどもいる。ハバチやヒメバチも前と種類が違う。昨年は鳥がよかった分、虫は貧相だったが、今年はどうも逆らしい。写真は青虫を蛋白質の玉に還元しているコアシナガバチ。 view photo...

キンケハラナガツチバチ - Campsomeris prismatica - A Scoliid Wasp (Flower Wasp)

ツチバチというのは図体が大きいのが多い割には、知名度がずいぶん低い蜂だと思う。キンケハラナガツチバチは都心にもいて、集まったり襲ったりせず、秋の、ちょっと淋しくなった頃に現れて、ひたすら、花くぐりに淫する。
view photo...

キマダラハナバチのなかまその2 - Nomada sp.

同じ種かどうかまではわからない(が、場所は近いし多分同じで、ニッポンヒゲナガハナバチあたりに寄生しているのだと思う)けれど、前回に続いて二度目の登場なのは、やはり少し惹かれるものがあるからだ。ルックスもフォトジェニックだし、見ているとよくこの写真のように、葉っぱに食らいついているのも面白い。夕方などにぶらさがって休息している姿も見かけるが、「顔を洗う」にも、こうやってガブっと葉に食らいつき、全く自由になった肢で身繕いをしている。重みで体が下を向いたりもしないし、顎が強いんだなあ、そして、体が軽いんだなあ、と改めて感心した。 view photo...
[Sleeker_special_clear]