pmnh wildlife portrait archive : insects

アカビロウドコガネ - Asiatic Garden Beetle - Maladera castanea

1708akabiroudokgn0170+_w
子供の頃からのつきあい。このちょっと安っぽい「アカ」よりも、しっとりした「クロ」の方が昔は多かった気がするが、最近は黒い方(何種類かに分かれているらしい)をあまり見ていない。


view photo...

マルクビツチハンミョウ - an oil beetle - Meloe corvinus

1704mktsuchihanmyo3992_w
毎年この季節になるとフデリンドウが出てくる場所があるので巡回すると、這いつくばった視線の先の枝を、傲慢というか、弱気というか、ともかくこの無様な甲虫が尻を引きずりながらのろのろと歩いているのに気づいた。

view photo...

アオカナブン - "Ao Kanabun" Flower Chafer - Rhomborrhina unicolor

1607aoknbn3382_w
夏の暑い時、秋の登山に備えたトレーニングに疲れて石に腰掛けると、横にこれが並んで座っていて、僕よりだいぶくたびれていた。


view photo...

アカハナカミキリ - A Flower Longhorn - Corymbia succedanea

1508akahanakmkr05_w
山に行くと、花にもいるし、家の中にも来るし、いちばん近しいカミキリムシのひとつ。Aredolpona succedaneaとも。


view photo...

ハンミョウ - Japanese Tiger Beetle - Cicindela japonica

0605hanmyo015_w
10年前に高知の山の中で撮ったハンミョウ。もう10年か。早いな。


view photo...

ラミーカミキリ- Blue-tinted Longhorn Woodborer - Paraglenea fortunei

1505lamykmkr25_w
甑島に渡る前、船が出るまでまだ時間があるので、朝、九州本島側の内陸で、ごそごそと低地を這い回っていたのである。


view photo...

コアオハナムグリ - a Chafer - Gametis jucunda

1509koaohmgr25_w
ほかの甲虫が次々店じまいしていくなか、敢然と大発生し、アザミに、野菊に、喰らいついていたコアオハナムグリ。名の通り花の奥へ、奥へと潜り込んで行くが、その過程で逆立ちするのも厭わない。

view photo...

ウンモンテントウ - A Giant Lady Beetle - Anatis halonis

1505unmontt27_w
東京などの平地では見ない、ちょっと小洒落た紋様のテントウムシ。雲紋というよりは、日蝕の紋様に見える。

view photo...

キンセスジウグイスコガネ - Glorious Scarab - Chrysina gloriosa

0808gloriousscarab25_w
降参しました!と言わんばかりな、英語の「栄光のコガネ」「華麗なコガネ」「まばゆいばかりに美しいコガネ」に比べると、和名の事務的なこと。まぁ、日本にいない生き物だから致し方ない。アリゾナではその辺の山の中をごそごそと歩き回っていた。

view photo...

ミヤマクワガタ - 'Miyama' Stag Beetle - Lucanus maculifemoratus

1407miyamakwgt121_w
ガメラ対ギロンとか、昔の怪獣映画を思い出す。そう言えば、昔の怪獣は自然の生き物にモチーフを得たものが多かった。今でもそうなのかも知れないが、よくわからない。

view photo...

オオゾウムシ - Japanese Giant Weevil - Sipalinus gigas

1408oozms01_w
ゾウムシにはきびきびしたのは少なくて、鈍重なのが多いが、これはなかでもその王様。カニのような、松の枝のような手足の質感に風格があってすばらしい。

view photo...

ルリボシカミキリ - A Long-horn Beetle - Rosalia batesi

1408ruriboshikmkr01_w
皇帝オオムラサキの欠席が濃厚な今年の夏、代役はこのカミキリということになるだろうか。


view photo...

カブトムシ - Japanese Rhinoceros Beetle - Trypoxylus dichotomus

0907kabutoms25_w
よい子の大好きなかぶと虫。


view photo...

オオヒラタシデムシ - A Carrion Beetle - Eusilpha japonica

0807oohiratasdms112_w
久しぶりに甲虫。できるだけシックにまとめてみたけれど、実物はどこか図々しいというか、不気味さを漂わせた虫だ。下を見ながら歩いていると、よく足下で交尾していたりする。

view photo...

クリシギゾウムシ - Chestnut Weevil - Curculio sikkimensis

1209shigizms25_w
秋風の吹き始めた八ヶ岳山麓で見つけたニューカマー、シギゾウムシのなかま。


view photo...

ゴマダラカミキリ - 'Gomadara Kamikiri' Longhorn Beetle - Anoplophora malasiaca

1106gomadarakmkr025_w
田んぼでもない、畑でもない、荒地でもない、草が生えていたり、牛が繋がれていたり、何だかよくわからない場所でホオジロの写真を撮っていたら、いきなりブン!と現れた。


view photo...

マイマイカブリ - Damaster blaptoides - a ground beetle

高度経済成長期の東京に生まれ図鑑を見ながら育った僕にとって、今こうやってあちこちを巡り歩きながら色々な生き物を確かめていくという行為は、忘れていた宿題を思い出していくことにも等しい。


view photo...

シロテンハナムグリ - Protaetia orientalis - "shiroten hanamuguri" chafer

もう数年前のことだけれど、買い物に行く途中の道で、ピカピカのシロテンハナムグリが地面に落ちていた。この虫は昔からの馴染だ。名前のインパクトも相当なものだが、ピカピカの場合、相貌もかなりすごい。

view photo...

トホシテントウ - Epilachna admirabilis - "Tohoshi Tento" Ladybug

個人的遭遇体験の範囲内ではあるが、東京のテントウムシにも栄枯盛衰がある。子供の頃から見ていて相変わらず居るのがナナホシテントウとナミテントウ。ほとんど見なくなったのがニジュウヤホシ・オオニジュウヤホシとカメノコ。ヒメカメノコもちょっと減ったか。

view photo...

トウキョウヒメハンミョウ - Cylindera kaleea - "Tokyo Hime Hanmyo" Tiger Beetle

六月か七月ごろになったら掲載しようと思うのだが、その頃はほかの生き物も活発になっているので、つい後回しになっていたハンミョウ。銅製の胸部と腹部の間がネジ構造になっていて、回すと取れる(嘘)。

view photo...

シロスジカミキリ - Batocera lineolata - "Shirosuji Kamikiri" Longhorn Beetle

去年近くをうろついたときに昼間その姿を認めていたから出てきたこと自体には驚きはなかったが、改めて見直せばやはり大きいし、硬いし、ごつごつしているし、無様だし、恐ろしいし、凄いのだった。あんまり凄くて、ちょっともうこれからどうしたらいいのか、自分でも判らずに困っているような感じだ。蛾の観察中に背中にいきなり着陸してきたから思わず払ったが、払った後にシロスジカミキリと知って却って恐縮してしまった。 view photo...

オオトラフコガネ - Paratrichius doenitzi - "Oo Torafu Kogane" Chafer

僕の意見では、東国一のかっこいいコガネムシ。


view photo...

オトシブミのなかま - Unidentified Leaf-rolling Weevil

だんだん陽が傾いていく山道を下る途中ふと目を上げると、遠い葉の上、長い首を折ってひそかに祈りを捧げている虫があった。

view photo...

ニジゴミムシダマシ - Tetraphyllus lunuliger - "Niji Gomimushidamashi" Darkling Beetle

折角の虹という名前の趣が、ゴミだの騙しだのでだいぶ損なわれているけれども、もちろんそんなこととは関係なく、きらきらと地味に光を反射しながら、山野で朽ち果てようとしている古材にひっそりとしがみついていた。虹というよりは、水面に広がった油や、焼けたエンジンのような、どこか見覚えのある光り方である。 view photo...
[Sleeker_special_clear]