pmnh wildlife portrait archive : insects

マツキリガ - Japanese Pine Beauty - Panolis japonica

1805matsukiriga1139_w
あっという間に春が来て、鳥が来て、花が咲いて、とうとう大きな蛾も出だした。心中ちょっと待て、ちょっと待て、と嘆いても、焦っても、置いていかれるばかり。

view photo...

フタホシコヤガ - A Noctuid Moth - Micardia pulchra

1706futaboshikoyaga4427a_w
クロツグミの営巣が一段落し、営巣を邪魔する心配がなくなったので、富士山の山開きみたいに、夜の蛾の観察を解禁した。というわけで色々あたらしい機材や技術を試す。


view photo...

ヒメモクメヨトウ - Purple Cloud - Actinotia polyodon

1608himemokumeyoto01_w
数は多くないけれど、夏になると時々出てくる中くらいの蛾で、ざっくり言えば柄がちょっと独特できれい。


view photo...

シロスジキノコヨトウ - Stenoloba jankowskii - a Noctuid Moth (a Beauty)

1607shirosujikinokoyoto6_w
あまり人聞きが良くないから大声では言わないが、今の僕の山の夏の夜の愉しみは、何と言っても蛾の鱗粉観察だ。


view photo...

スギタニキリガ - Perigrapha hoenei - a Noctuid moth

1604sugitanikiriga01_w
まだまだだけれど、ぽつ、ぽつ、と中型の蛾が出てきた。これでエゾヨツメやイボタガが出てくれば、いよいよ虫のシーズンも始まり。

view photo...

ベニシタバ - An Underwing - Catocala electa

1209benishitaba25_w
八ケ岳山麓の蛾で、横綱がヤママユ、大関がスズメガだとすれば、関脇はシタバガ。いろいろ出てくるが、今回は赤い奴。


view photo...

ヒメトラガ - Asteropetes noctuina - A Noctuid Moth

トラガの仲間だけあって、蛾にしておくのが惜しいほどの派手な彩りだ。前後翅の裏面と後翅表面が山吹色に黒斑、前翅表面が赤銅色・黒・銀灰色をベースにふさふさとした毛をあしらった、山地民族の礼服のような、何とも言えぬお洒落ないでたちであった。山吹色の出し入れにこだわりがあるようで、写真のようにパタパタと蝶の如く着地した後、しばらくして落ち着くと、一気にぴしっと翅を閉じて礼服姿になるのが面白い。本当に、ぴしっ!と閉じるのである。 view photo...

カクモンキシタバ - "Kakumon Kishitaba" Noctuid Moth - Chrysorithrum amatum

あんまり、上の方に止まってこちらを見下ろしてもらいたくない感じである。


view photo...
[Sleeker_special_clear]