pmnh wildlife portrait archive : birds

ミツユビカモメ - Black-legged Kittiwake - Rissa tridactyla

寒くなってきて、しきりに思い出されるのがこの鳥である。寒風吹きすさぶ冬の海を、あちらと思えばまたこちら、びっくりするような速度と敏捷さで縦横に飛び回る。頭の位置だけを前向きに固定して、首を軸に体を右に左に回転させ、ちらとこちらを見てからあっと言う間に視界から遠ざかる。時々、高い波の間に、一族郎党が白い泡のように頼りなく浮かんでいるのが見える。カモメといえば、何となく浜でうだうだしながら人のものを突っついているようなイメージを漠然と抱いていたけれど、このカモメは冷たい海で生きる性能を十全に備えた小型戦闘機なのだった。

[写真撮影: 2007/02 - 青森県 - 体長約40cm -個人的博物館本館のカモメ・アジサシのなかまのページへ]
[photo data : 02/2007 - Off Aomori, Japan - body length abt 40cm - go to "Gulls, Terns, Puffins and other Gull-like Birds" in the main site]
[Sleeker_special_clear]