pmnh wildlife portrait archive : travelog

[這いずり日記] しけた冬のはじまり。「地」の巻~長野方面2017/冬その1

1711ttzw2g_0269_w
例に拠って地の巻はいろいろごちゃまぜだ。見ていただければ判るが、もう上の方から雪が攻めてきている。まだ積もるところまでは行かないが、小屋に降るものは雨から雪に移った。

view photo...

[這いずり日記] 紅葉に間に合った。「地」の巻~長野方面2017/秋その3

1711ttzw1terre5123_w
最後はいつもと同じ、あぶれたものの巻、別名地の巻。本当は道を歩きながら撮った、風情のよい、光や陰のうつくしい、野菊のような写真群があるのだが、選考の過程で落選してしまった。すまん。

view photo...

[這いずり日記] 端境期。「地」の巻~長野方面2017/秋その2

1710ttzw2_1083_w
さいごに地の巻。


view photo...

[這いずり日記]「天と地」の巻~長野方面2017/秋その1

1709ttzw1e_0914_w
続いて天と地の巻。というか水の巻の余り。仕事に時間をとられたり、天候や気分が優れなかったり、今回はあまり写真を撮らなかった。少し疲れたということもある。


view photo...

[這いずり日記] 「地と水の巻」〜長野方面2017/夏その4

1707ttzw2t_9256_w
空の巻に続いて、地の巻。水も含む。撮っている時はそれなりに新鮮な気持ちだが、でき上がったものを見て見ると、二ヶ月前のものとよく似ている。案外そんなに違わないのかも知れない。

view photo...

[這いずり日記] 葉っぱの最盛期〜長野方面2017/夏その3

1706ttzw3_9433_w
選挙とか仕事の打ち合わせとか、六月末、用事を済ましに東京に帰る。たまに降りると東京はじっとりべっとりで結構堪える。理事は参っている僕の顔を見て、山から下りてくるとどこかぽかんとして痴呆のように見えるという。デルスウザーラを知らんか、大知如愚という言葉を知らんか、と言ってみるものの、言っている自分から心もとない。
view photo...

[這いずり日記]「地」の巻〜長野方面2017/夏その2

1706ttzw1t_5656_w
引き続いて、6月になってからの、木や幹や地面や景色の写真。


view photo...

[這いずり日記]「地」の巻〜長野方面2017/夏その1b

1705ttzw3t_4875_w
続いて、5月20日から末までの、地の巻というか木の巻というか。まぁ付近の風物。水と動物以外。まだ緑が若々しい。


view photo...

[這いずり日記] 「地」の巻〜長野方面2017/春その4b

1704ttzw2t_4791_w
今回も、木に入らなかったもの、その他のものは「地」としてまとめた。正直なところ、鳥獣がよく目に入って、草花が湧くように出てくるこの季節、生き物以外の風物にはなかなか手が回りづらい。

view photo...

[這いずり日記] 「地」の巻〜長野方面2017/春その3c

1704ttzw1t_4636_w
こんどは地とか言いつつ、水の予選落ちが混ざっていたりするが、まぁ、だいたい目線のあたりの写真ということで。


view photo...

[這いずり日記] 「地」の巻〜長野方面2017/春その2c

1703ttzw2t_9056_w
最後は恒例によってごたまぜの地の巻で。


view photo...

[這いずり日記] 「地」の巻〜長野方面2017/春その1b

1703ttzw1t_7265_w
つづいて地の巻。水の巻に比べるとおざなり感があるというか、写真の質に若干の差があることは否めない。ただ、こういう写真がないと状況が伝わらない気もしたり。

view photo...

[這いずり日記] 「地」の巻〜長野方面2017/冬その2c

1702ttzw1_terre3181_w
最後に地の巻、というと聞こえはいいが(笑)、その他の残りだ。雪が降っている時の、あるいは翌朝の、木に雪が乗っている光景は山暮らしのご褒美みたいなものだ。最後のぼやっとした写真は真夜中の月明かり。


view photo...

[這いずり日記] 山の正月「地」の巻〜長野方面2017/冬その1a

1701ttzw_t1487_w
正月の雑事を片づけて、逃げるように夫婦で山へ行く。東京で仕事が入った理事を駅に送り、さらに数日。計10日ほど。


view photo...
[Sleeker_special_clear]