pmnh wildlife portrait archive : travelog

[這いずり日記] ドタバタ。水の巻〜長野方面2017/冬その4

1712ttzw3w9616_w
12月後半の分。
初めの方は久しぶりに夫婦ゆっくりと過ごしていたのだが、後半は色々と出来事もあって、なんだかドタバタした。しかも、正月早々インフルエンザを発症したら、遠いことのように記憶が薄れてしまった。

ともあれ、引き続き最低気温は-9Cくらい、特段の暖冬でも厳冬でもないが、雪は明確に少ない。地面に雪がないので採餌がばらけていることもあり、相変わらず鳥はパッとしないが、ツグミは30羽程の群れが定着した。珍しいところでは、暮れに早くもヒレンジャクの群れが現われ、少し上の松林でキクイタダキがよく見られる。あとは川にコガモの群れ、裏の林床にイカル、随所にミソサザイ、二ヶ所にカヤクグリ、一ヶ所にガビチョウ。最近見えないのがアトリとカシラダカ。全然見えないのがベニマシコ。という情勢。この季節キツツキが良く目立つ。

しかし今回のハイライトともいうべきヒレンジャクは、僕は見逃した。体調不良があり、散歩を見送って静養したその日に出るのだから性質が悪い。理事のいう、陽だまりの、ヤドリギがたくさん付いた木まで翌日見に行ったが、実はあらかた食い果てられて、既にノーチャンス。がっくり。

今回は、凍った川にじゃぶじゃぶと浸かって、水だの氷だのをもっぱら撮っていたので、その辺から。まずは水の巻。病み上がりで全く調子が出ないので、少しずつ。

1712ttzw3w9616
1712ttzw3w8992
1712ttzw3w9628
1712ttzw3w9609
1712ttzw3w0777
1712ttzw3w0443
1712ttzw3w9627
1712ttzw3w0653
1712ttzw3w9622
1712ttzw3w8964

空の巻
地の巻
氷の巻


[写真撮影 : 2017/12 - 長野県] [photo data : 12/2017 - Nagano]

[Sleeker_special_clear]