pmnh wildlife portrait archive : travelog

キクザキイチゲ - 'Kikuzaki-Ichige' Anemone - Anemone pseudoaltaica

1804kikuzakiichige5310_w
僕たちが「森」と呼んでいる、小さな雑木林の湧き水から流れを辿って下りていくと、小滝となってシイタケの栽培場に出る。この小滝の周囲に、土の関係か、どういうわけかほかには出ない花が咲く。

春、そのトップバッターがキクザキイチゲ。一輪草なんかと同じアネモネで、インターネットで画像検索をすると、健やかに育ちました、といわんばかりの、点対称の大輪の花が並んでいて吃驚するが、小滝の周りのキクザキイチゲはほんとうにささやか。ほとんどいじけていると言っていいくらい。

葉っぱをねじったまま、よたよたと地上に現れ出て、くしゃっとしている。昼頃、日が差すと多少は花も開くが、そもそも林の中で、陽がかくれると、またくしゃっとして、うなだれている。なかなか点対称というわけにもいかなくて、ねじれ、まくれて、右に、左に、よろけたような姿になっている。

しいたけ場の奥さんが気付いていて、間違って踏まないように目印の杭が打ってある。

1804kikuzakiichige5334

こう見ると立派だが、高さはせいぜい 15cm だ。マツバボタンくらいの感じ。
1804kikuzakiichige7665
1804kikuzakiichige4967

地表に現れ出でる。虫目線、花目線。
1804kikuzakiichige5310
1804kikuzakiichige5967
1804kikuzakiichige7602
1804kikuzakiichige2096
1804kikuzakiichige7576
1804kikuzakiichige5334

去年も今年も、全身つぶつぶのものが出た。病気らしい。
1804kikuzakiichige1319


[
写真撮影: 2017/04 (最後の一葉は 2018/03) - 長野県 - 花径約2cm - 草丈約10-15cm - 個人的博物館本館の「植物・菌類のページ」へ]
[photo data : 04/2017 (except the last image taken 03/18) - Nagano, Japan - flower diameter abt. 2cm - height 10-15cm - go to "
plants & fungi" in the main site]
[Sleeker_special_clear]